スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ アテンザ【リボルト新潟】

2015.12.29.Tue.12:39
アテンザブログ
マツダ アテンザ・セダン(ソウルレッドプレミアムメタリック)のご入庫、コーティング作業が完了致しました。

ボディラインの立体感・シャープさ、塗装の艶感など、マツダのコンセプトである「魂動」という言葉がぴったりなアテンザは、メーカーのデザイナーの方々が、とことん追求した「美しさ」が形になって実現された、そんな一台ですね。

今回は、ガラスコーティングと同時に施工させて頂きました「窓ガラス撥水加工」について、ご紹介させて頂きます。

アテンザB1
新車ご納車後、程なくしてのご入庫でしたが、ご覧のようにウロコ状の水垢が付着しておりました。
アテンザB2.jpg
当店で行う「窓ガラス撥水加工」は、窓ガラスに付着した汚れは勿論、こちらのウロコ状の水垢や油膜等を綺麗に除去した上で、撥水コート剤を施工致します。(経年車のウロコ除去は別途お見積り致します)

新車なのに水垢の付着?と思う方もおられると思いますが、新車であっても、このような状態は珍しい事例ではありません。

「新車」と一言で言っても、オーナーの手元に届くまでの間、全ての車両がベストな環境で保管されている訳ではありません。製造工場からのラインオフ後、暫くの期間、屋外のモータープールで保管されていた、という車両も多々あるのが現状なのです。

以上の事から、新車の窓ガラスであっても、下地処理は非常に重要です。

アテンザA1.jpg
市販の窓ガラスクリーナー等を使って強く拭き取っても、頑固な水垢の付着は取れません。
当店では、専用クリーナーと機材を使用し、これらを丁寧に除去しております。
アテンザA2.jpg
窓ガラス上の汚れ・水垢を綺麗に除去した後は、耐久性の高い撥水コート剤を施工していきます。
当店の「窓ガラス撥水加工」は、撥水性能を付加させることは勿論、上記のような水垢や油膜の付着を、長期間に渡り、軽減させる効果もありますので、是非ともお薦めしたいオプションコースです。

今回オーナー様からご用命賜りました、「リボルト・ライトNonpolish」は、リーズナブルなコースではありますが、使用するトップコートは、完全無機質な被膜特性を持ち、一般的な石油系溶剤のコーティング(ポリマー加工)と比較しても、数段上の被膜性能があるだけでなく、光沢度もワンランク上の美しい仕上がりとなります。

また、トップコートには紫外線からのダメージを軽減させる効果も付加しております。
紫外線軽減効果についてはコチラ

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。

この度は、ご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

アテンザ01
アテンザ02
アテンザ03
アテンザ04
アテンザ05
アテンザ06
アテンザ07
アテンザ08

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。