スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイエース 下回り防錆加工【リボルト新潟】

2015.12.19.Sat.07:10
ハイエース防錆01
「トヨタ・ハイエース ワイドボディ」のお客様より「下回り防錆加工」のご用命を頂きました。

こちらのハイエースは、新規登録から約5年程が経過しておりましたが、下回りの状態検査の結果、現状の下回り箇所に酷い錆もなかった為、作業受注をさせて頂きました。

当店で行っております「防錆加工」の主目的は、「車体の下回りシャーシ部分における錆の発生・侵食を限りなく遅らせる事」であります。

塩害に対し、強い耐性を持つ、油性の防錆剤を膜厚塗装していきますので、乾燥定着後は、長期間の防錆効果が期待できます。

新車の場合、錆の発生自体を未然に防ぎ、下回りシャーシ部分を長期間、錆の侵食から守る効果を与える事ができます。

また、中古車(経年車)の場合であれば、現状の車両に発生している錆に対し、それ以上の侵食を抑制する効果を付与する事ができます。

ハイエース防錆02
ハイエース防錆03
油性タイプの防錆剤の為、ブレーキ等の機能部品やボディ・窓ガラスに付着させてはいけませんので、養生作業はしっかりと行います。

当店の「下回り防錆加工」では、数種類ある専用スプレーガンを用いて、防錆剤を鋼板の隅々まで吹き付けていきます。

ハイエース防錆04
特に、鋼板と鋼板の溶接の継ぎ目から錆が侵攻していくケースが多い事から、この箇所には、特に念入りに吹き付け致します。

ハイエース防錆05
また、ホイールハウス内側にも防錆剤を浸透させることができますので、走行時の石はねによる車両の素材劣化防止にも優れた性能を発揮します。

ハイエース防錆06
この度は、「下回り防錆加工」のご用命を賜りまして、誠にありがとうございました。

【下回り防錆加工をご検討中のお客様へ】 

中古車(経年車)でも防錆加工は可能ですが、錆が酷く侵食し、著しく痛んでいる箇所が多々見られるような場合は、充分な防錆効果が発揮できない場合も御座います。

車両状態によって、防錆加工が可能かどうか、短時間の状態検査により判断させて頂きますので、ご検討されている方は、是非一度、ご連絡をお願い致します。

ハイエース防錆07

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。