スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ デミオ【リボルト新潟】

2015.05.11.Mon.10:53
デミオ赤2ブログ
マツダ デミオ(ソウルレッドプレミアム)のご入庫、鈑金塗装作業、コーティング作業が完了致しました。

今回コーティング施工と同時に、ご依頼を頂いたリアゲート部分の鈑金塗装ですが、補修前の状態を見ますと、ちょうどRが入ったプレスラインの角に凹みが出来ておりました。
デミオBP前
こちらを綺麗に補修&塗装をいたしました。
デミオBP後
当店では、鈑金塗装自体の仕上がりは、高レベルなコーティング施工を前提とした補修作業を行っておりますので、高い塗装技術が要求される今回のメタリックカラー等でも、問題なく美しい状態に修復いたします。
コーティングをしたいけれども、気になる傷がある、又は、傷を綺麗に直したい!等とお考えのお客様、是非一度当店にご相談下さい!

さて、新車登録からちょうど、半年が経過したこちらのデミオですが、塗装状態を見てみますと、冬季に付着したと思われる融雪剤(塩カル)が、ボディ下部からリアバンパーにかけて頑固に固着しておりました。また、やはり新車特有の塗装ボケの状態が御座いましたので、コーティング施工をする前に、独自の高度下地処理技術「Revolt Adjust System」にて、これらをしっかりと解消していきます。

以前掲載した施工ギャラリーにおいてもお伝えしましたが、こちらの「ソウルレッドプレミアム」は、ストックの状態のままでも充分綺麗な塗装であると言えますが、最適な下地処理を施すことで、鮮明で艶感のある「美観」を創り出すことができます。

そして、「美観」を作り出した美しい塗装面に対し、低分子型・完全硬化型の「リボルト・プロ」をたっぷりとコーティング致します。
特に「リボルト・プロ」の低分子・完全硬化型のガラス被膜は、下地の状況でその効果が大きく変わってきますので、しっかりと下地処理を行うことで、高い耐久性を発揮するようになるのです。
下地処理の重要性は「リボルト・プロ」だからこそなのです。
仕上げに塗装面に悪影響を及ぼす紫外線(UVA・UVB)に有効な成分を含有した【Newトップコート】で包み込み、二層式コーティングの完成です。

今後はセオリー通りの洗車をして頂くことで、この艶と輝きが長期間に渡り維持しやすくなります。

この度は、数あるコーティングショップより、当店にご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

デミオ赤2-01
デミオ赤2-02
デミオ赤2-03
デミオ赤2-04
デミオ赤2-05
デミオ赤2-06
デミオ赤2-07
デミオ赤2-08
デミオ赤2-09
デミオ赤2-10

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。