スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スバル レヴォーグ【リボルト新潟】

2015.04.23.Thu.09:04
レヴォーグ黒ブログ
スバル レヴォーグ(クリスタルブラック・シリカ)のご入庫、コーティング作業が完了致しました。

日本車を代表するスバルの「レガシー」。
そのレガシーの25周年目の節目に誕生したのがこちらの「レヴォーグ」です。
国産・輸入車問わず、モデルチェンジ毎にどんどん肥大化していくモデルが多いのですが、こちらの「レヴォーグ」は、日本の道路事情に合わせたボディサイズ(全長×全幅×全高=4690×1780×1485mm)が、日常の使用には使いやすく、大変人気を呼んでおります。
そして、ボクサーエンジンが生み出す高い動力性能は勿論の事、近年のスバル車特有のスポーティなデザインも非常に目を見張るものがあります。

さて、状態に関してですが、徹底した初期洗浄を終えた後、高輝度LED照明下で確認してみたところ、既に洗車では落ちない水シミや無数の線傷が至るところで確認できました。
ボディコンディションは新車でしたが、製造工場より出荷されてからオーナー様の手元に届くまで、様々な人の手に触れられ、種々の要因によって、このような汚れや小傷等はついてしまうのが現状です。
これは、致し方ないことですが、下地処理もせずに、このままコーティングしてしまうと、シミや線傷を付着させたままコーティングする結果となりますので、仕上がりのクオリティはお粗末な状態となってしまいます。

「新車なのに下地処理が必要なのか?」と思われる方も多く居られると思いますが、下地処理が必要な理由は上述した汚れや傷を除去する為なのです。
さらに、新車でも塗装表面が曇っていたり、ぼやけている個体も多々、観受けられますので、当グループ独自の高度下地処理技術【Revolt Adjust System】にて、最低限の磨きで最大限の輝きを引き出していきます。

時間を掛けてしっかりと処理をしていき塗装面をコーティングに最適な状態に整えます。
これによってようやくコーティングの効果も最大限に発揮できるというものです。

仕上げに低分子・完全硬化型ガラス被膜である【リボルト・プロ】をたっぷりとコーティングし、ボディをしっかり保護いたします。
リボルト・プロは、塗装の隅々まで入り込む低分子であることによって、ガラス被膜の膜厚も従来の高分子タイプのものに比べても2~3倍の膜厚を確保する事が出来るのです。
そして、最後に塗装面に悪影響を及ぼす紫外線(UVA・UVB)に有効な成分を含有した【Newトップコート】で包み込み、二層式コーティングの完成です。

お引渡しの際は、オーナー様にも大変喜んでいただくことが出来ました。

今後はセオリー通りの洗車をして頂くことで、この艶と輝きが長期間に渡り維持することが出来ると思います。

この度は、ご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

レヴォーグ黒01
レヴォーグ黒02
レヴォーグ黒03
レヴォーグ黒04
レヴォーグ黒05
レヴォーグ黒06
レヴォーグ黒07
レヴォーグ黒08
レヴォーグ黒09

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。