スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ デミオのオーロラマーク解消・ガラスコーティング【リボルト新潟】

2016.09.27.Tue.10:20
demioGブログ
マツダ デミオ(メテオグレーマイカ)のご入庫、ガラスコーティング作業が完了いたしました。

「魂動」のコンセプトがコンパクトなボディに表現され、洗練された雰囲気を持ったデザインに惹かれてしまいます。
ヘッドアップディスプレイや質感の高いボタン類、しっかりと作り込まれたシートやステアリング。内外装共にコンパクトカーのクラスを超えるものがありますね。同クラスの欧州車と比較しても、遜色ない程のクオリティだと思います。

さて、こちらのお車は新車でのご入庫をいただきましたが、当店のLED照明下で入念にチェックしてみたところ、何箇所かに、オーロラマークが観受けられました。

ボンネット運転席側
demioB01.jpg
テールゲートのエンブレム付近
demioB02.jpg

そもそもオーロラマークとは、研磨剤(コンパウンド等)の研磨粒子の傷と光の干渉によって起こる現象であり、このようにホログラムに似た色合いに見える事から、この俗称が付いております。

このオーロラマークは、バフ磨きの作業によって付けられてしまった人為的な塗装面の傷です。
せっかくの新車ですから、「最適な磨き技法」によって、このオーロラマークを解消していきます。

当店の高度な下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」では、塗装面に配慮しながら最小限の研磨によって、上記のオーロラマークやバフ目傷も除去致します。そして、塗装表面を平滑に整えることで、【リボルト・プロ】の低分子ガラス被膜の定着率を高めることにも繋がるのです。

上記オーロラマーク箇所の下地処理後の画像になります。
demioA01.jpg
最小限の研磨によって、上記オーロラマークを除去していきます。
demioA02.jpg

時間をかけて仕上げた下地処理後には、完全硬化型ガラス濃度100%のコーティングである【リボルト・プロ】を隅々までコーティングいたします。
【リボルト・プロ】は低分子構造ですので、一般的に出回っているガラス系コーティング被膜に比べ、耐久性・安定性などが高く、ガラス被膜特有の圧倒的な艶と輝きを塗装面に与えます。

そして仕上げに、紫外線(UVA・UVB)によるダメージを軽減させる成分を含有した【トップコート】で包み込み、二層式デュアルコーティングは完了となります。

今後はセオリー通りの洗車をしていただくことで、この艶と輝きを長期間に渡り維持することができます。

この度は、数あるコーティングショップより、当店にご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

demioG01.jpg
demioG02.jpg
demioG03.jpg
demioG04.jpg
demioG05.jpg
demioG06.jpg
demioG07.jpg
demioG08.jpg
demioG09.jpg
demioG10.jpg
demioG11.jpg

新潟県エリアのお客様にハイクオリティなガラスコーティングをご提供しております。
REVOLTグループ
ガラスコーティング専門店【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
〒950-0951 新潟市中央区鳥屋野2-4-14
TEL&FAX:025-250-6712
http://www.revolt-niigata.com/
お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。