スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツダ アテンザ【リボルト新潟】

2015.12.29.Tue.12:39
アテンザブログ
マツダ アテンザ・セダン(ソウルレッドプレミアムメタリック)のご入庫、コーティング作業が完了致しました。

ボディラインの立体感・シャープさ、塗装の艶感など、マツダのコンセプトである「魂動」という言葉がぴったりなアテンザは、メーカーのデザイナーの方々が、とことん追求した「美しさ」が形になって実現された、そんな一台ですね。

今回は、ガラスコーティングと同時に施工させて頂きました「窓ガラス撥水加工」について、ご紹介させて頂きます。

アテンザB1
新車ご納車後、程なくしてのご入庫でしたが、ご覧のようにウロコ状の水垢が付着しておりました。
アテンザB2.jpg
当店で行う「窓ガラス撥水加工」は、窓ガラスに付着した汚れは勿論、こちらのウロコ状の水垢や油膜等を綺麗に除去した上で、撥水コート剤を施工致します。(経年車のウロコ除去は別途お見積り致します)

新車なのに水垢の付着?と思う方もおられると思いますが、新車であっても、このような状態は珍しい事例ではありません。

「新車」と一言で言っても、オーナーの手元に届くまでの間、全ての車両がベストな環境で保管されている訳ではありません。製造工場からのラインオフ後、暫くの期間、屋外のモータープールで保管されていた、という車両も多々あるのが現状なのです。

以上の事から、新車の窓ガラスであっても、下地処理は非常に重要です。

アテンザA1.jpg
市販の窓ガラスクリーナー等を使って強く拭き取っても、頑固な水垢の付着は取れません。
当店では、専用クリーナーと機材を使用し、これらを丁寧に除去しております。
アテンザA2.jpg
窓ガラス上の汚れ・水垢を綺麗に除去した後は、耐久性の高い撥水コート剤を施工していきます。
当店の「窓ガラス撥水加工」は、撥水性能を付加させることは勿論、上記のような水垢や油膜の付着を、長期間に渡り、軽減させる効果もありますので、是非ともお薦めしたいオプションコースです。

今回オーナー様からご用命賜りました、「リボルト・ライトNonpolish」は、リーズナブルなコースではありますが、使用するトップコートは、完全無機質な被膜特性を持ち、一般的な石油系溶剤のコーティング(ポリマー加工)と比較しても、数段上の被膜性能があるだけでなく、光沢度もワンランク上の美しい仕上がりとなります。

また、トップコートには紫外線からのダメージを軽減させる効果も付加しております。
紫外線軽減効果についてはコチラ

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。

この度は、ご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

アテンザ01
アテンザ02
アテンザ03
アテンザ04
アテンザ05
アテンザ06
アテンザ07
アテンザ08

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
スポンサーサイト

トヨタ ヴェルファイア【リボルト新潟】

2015.12.28.Mon.11:30
ヴェルⅡブログ
エレガントなフルサイズ・ミニバン「トヨタ・ヴェルファイア」(バーニングブラッククリスタルシャインガラスフレーク)のご入庫、コーティング作業が完了致しました。

今回オーナー様からは、2台目のご用命を賜りました。
いつもありがとうございます。

こちらのヴェルファイアは、新車でのご入庫でしたが、塗装の隅々まで点検した結果、気になる線傷・磨き傷を幾つか発見しましたが、特に目立ったものを2か所掲載します。

ベルB1
フロントバンパーのクリアランスソナー付近の傷
ベルA1

ベルB3
給油口付近の磨き傷
ベルA3

これらのボディに付けられた傷は、ラディアス・リボルトグループの高度下地処理技術「Revolt Adjust System」にて、しっかりと丁寧に除去してまいります。
特に「セルフリストアリングコート」の場合、誤った下地処理を行ってしまうと、処理後に傷が再生してしまう事がありますから、この点に充分留意をして、仕上げていきます。

入念な下地処理によって、最高の状態に仕上げた鏡面状の塗装面には、次世代のガラスコーティングである、低分子・完全硬化型の【リボルトプロ】をたっぷりコーティングしていきます。
【リボルトプロ】は、低分子であることで、塗装の隅々までしっかりと入り込み、強固なアンカーの役割を果たし、硬化後は、強い結合力を発揮致します。

そして、仕上げに施工する「トップコート」には3次元分子ガラス骨格・ケイ素レジンを含有することで、高品位な光沢を持続し、無機物汚れ(ミネラル分、カルシウム)と有機物・酸化ヨゴレを防止します。
更に、塗装面に悪影響を及ぼす紫外線(UVA・UVB)を軽減する成分を含んでおりますので、特に太陽光からの熱吸収率が高い黒・濃紺車には有効なコーティング剤となっております。

今後はセオリー通りの洗車をして頂くことで、この艶と輝きが長期間に渡り維持することが出来ると思います。

この度は、ご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

ヴェルⅡ-01
ヴェルⅡ-02
ヴェルⅡ-03
ヴェルⅡ-04
ヴェルⅡ-05
ヴェルⅡ-06
ヴェルⅡ-07
ヴェルⅡ-08
ヴェルⅡ-09
ヴェルⅡ-10

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

AUDI TTクーペ Sライン【リボルト新潟】

2015.12.26.Sat.11:15
TTブログ
アウディTT クーペ(アイスシルバー・メタリック)のご入庫、コーティング作業が完了致しました。

ピュアスポーツカーの性能に相応しい、軽量で高剛性なアルミボディを持つこちらの二代目「TTクーペ」は、オーナー様曰く、ハンドリングが非常に軽快との事でして、私も一度は乗ってみたいと思う車の一台です。

さて、こちらの「アウディ・TTクーペ」は、初度登録から1年が経過し、各部のリフレッシュを兼ねてのコーティング施工を賜りました。
誠にありがとうございます。

ドイツ車と一言で言っても、メルセデス・BMW等とは、また違った塗装特性を持つ「アウディ」には、その特性に適した下地処理を行っていく必要があります。

現車の塗装面をよく確認してみますと、ボディ下部付近に鉄粉の付着が目立ち、また、ボンネット、ルーフを中心に雨ジミや洗車傷が見受けられましたので、高度下地処理技術「Revolt Adjust System」を用いて、これらをしっかりと除去していきます。

上記下地処理にて、綺麗に仕上がった塗装面を完全硬化型ガラスコーティング剤【リボルト・プロ】で包み込みます。
【リボルト・プロ】はガラス濃度100%・無溶剤で低分子化された当グループ独自のコーティング剤で、定着後はガラス被膜が厚く、耐久性に優れ、更に艶・輝きも向上させることができます。

そして、仕上げに塗装面に悪影響を及ぼす紫外線(UVA・UVB)の軽減効果を有する【トップコート】でボディ全体を包み込み、二層式ガラスコーティングは完成致します。

今後はセオリー通りの洗車をして頂くことで、この艶と輝きを長期間に渡り維持することができます。

この度は、当店にご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

TT-01.jpg
TT-02.jpg
TT-03.jpg
TT-04.jpg
TT-05.jpg
TT-06.jpg
TT-07.jpg
TT-08.jpg
TT-09.jpg
TT-10.jpg

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

年末年始の営業日のお知らせ【リボルト新潟】

2015.12.25.Fri.12:18
リボルト新潟の施工ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

本年2015年中に、ご用命賜りましたお客様、並びに関連業者様、誠にありがとうござました。

心より感謝とお礼を申し上げます。

当店の年末年始の営業日のお知らせです。

12月30日までは、無休にて通常営業(9時30分~19時)

12月31日は、早期閉店予定(17時頃を予定しております)

2016年1月1日~3日まで店舗休業

1月4日より通常営業とさせて頂きます。


2015年も残すところ、あと数日となりました。
来年2016年も「お客様の愛車を守るために!」をモットーに、更なる技術の向上と研鑚に努めて参りますので、引き続き、ご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。

※12月31日は早期閉店予定ですので、同日ご来店ご希望の方は、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
REVOLT.jpg

RAYS ホイールコーティング【リボルト新潟】

2015.12.24.Thu.08:09
RAYSブログ
シャープを究めた9クロススポークデザインが美しい「RAYS HOMURA 2X9」のホイールコーティング施工が完了致しました。

こちらのオーナー様はプレミアムSUVにお乗りの方で、このホイールは、20インチの鋳造1ピース・大口径モデルであります。
細身のスポークと深みのあるガンメタリックのカラーリングがクオリティの高さを感じさせます。

当店で施工するホイールコーティングは、低分子・完全硬化型ガラス被膜を形成する【リボルトプロ】を使用しております。

今回のように、ホイール単体でお持込頂ければ、表面は勿論、インナー・アウターリムの隅々まで施工が可能です。
施工後には、高い防汚性能により、泥汚れ・ブレーキダストの鉄粉等を落としやすくなりますから、日常のメンテナンスが非常に楽になります。

今後はセオリー通りの洗車をして頂くことで、この艶と輝きを長期間に渡り維持することができます。

この度は、当店にご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

RAYS-01.jpg
RAYS-02.jpg
RAYS-03.jpg
RAYS-04.jpg
RAYS-05.jpg
RAYS-06.jpg
RAYS-07.jpg

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

ホンダ S660【リボルト新潟】

2015.12.23.Wed.18:36
S660ブログ
ホンダ S660(カーニバルイエローⅡ)のご入庫、コーティング作業が完了致しました。

ミッドシップならではの「Fun to Drive」とタルガトップの「解放感」を同時に味わえる、ライトウェイト・スポーツカー「S660」のご入庫を頂きました。
オーナー様からは、ご納車日以前からご予約を頂いておりまして、ご納車日の当日にお持込頂きました。
誠にありがとうございます。

当店のLED照明下で確認致したところ、くすんだ様な塗装ボケが観受けられましたので、塗装本来の美観を引き出すべく、高度下地処理技術「Revolt Adjust System」にて、塗装ボケをしっかりと解消していきます。
塗膜を充分に考慮し、塗装面に過度の負荷を掛けないように、時間をかけて仕上げていきます。

s660B.jpg
ドアパネル部分に、洗浄では落ちなかった白い水シミを発見しました。

s660A.jpg
下地処理後は、これらのシミの除去は勿論ですが、新車特有の塗装ボケも解消致します。
上記画像と比較し、LED照明の電球自体が際立って見えるのがお分かり頂けると思います。

上記の通り、塗装コンディションに合わせた最適な下地処理を施すことで、鮮明で透明感のある「カ―ニバルイエローⅡ」を創り出すことができました。

そして、最適化された塗装面に、低分子型・完全硬化型の「リボルト・プロ」をたっぷりとコーティング致します。
「リボルト・プロ」の低分子・完全硬化型のガラス被膜は、下地の塗装状態によって、その効果が大きく変わってきますから、しっかりと下地処理を行うことで、更に高い耐久性を発揮するようになります。

仕上げに塗装面に悪影響を及ぼす紫外線(UVA・UVB)に有効な成分を含有した「トップコート」を施工して、二層式コーティングが完成します。

今後はセオリー通りの洗車をして頂ければ、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。

この度は、当店にご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

S660-01.jpg
S660-02.jpg
S660-03.jpg
S660-04.jpg
S660-05.jpg
S660-06.jpg
S660-07.jpg
S660-08.jpg
S660-09.jpg
S660-10.jpg
S660-11.jpg
S660-12.jpg

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

コーティング年内予約状況【リボルト新潟】

2015.12.21.Mon.17:06
当店の施工ブログをご覧頂きまして、誠にありがとうございます。

2015年も残すところ、あと10日となりました。

皆様ご多忙の事と思いますが、如何お過ごしでしょうか?

表題の件、ご案内申しあげます。

御蔭様で、今日現在での、年内の作業予約は、全て埋まりました。

ご依頼頂きました、お客様、誠にありがとうございます。

また、年内の施工が叶わず、来年への施工となりましたお客様、お待たせしてしまい、大変恐縮ですが、もう暫くお待ち下さい。

当店でのコーティング施工の主な注文メニューであります【リボルト・プロ】は、作業効率を犠牲にし、仕上がり完成度を重視した、完全硬化型のガラス溶剤を使用しております。

また、下地処理に関しましても、お客様のお車の塗装コンディションに合わせて、1台1台、じっくりと時間をかけて行っている為、どうしても多量の台数をこなすことが困難なのです。

上記の妥協なきコーティング剤及び作業工程は、ひとえに「お客様の愛車のために!」をモットーに行っておりますので、どうかこの点を、ご理解頂けますと幸いです。

また、年内は本日より31日(木)までは、休まず営業致しておりますので、見学ご希望の場合やお見積りのご来店は、大歓迎です。
皆様からのご連絡・ご来店を心よりお待ち申し上げます。


※31日は早期閉店予定ですので、同日ご来店ご希望の方は、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
REVOLT.jpg

コーティング再施工(部分施工)について【リボルト新潟】

2015.12.20.Sun.07:46
再施工01
コーティング施工後に、「車を擦ってしまった」「ぶつけられてしまった」等の理由で鈑金塗装修理を行った場合、修理の際に行う塗装の剥離と同時に、施工した「ガラスコーティング」自体も消失してしまいます。

鈑金塗装修理後は再度、その箇所にコーティングの再施工(部分施工)をする必要があります。

今回ご紹介する事例では、当店にてコーティングの施工後、リアバンパーをぶつけられてしまい、リアバンパーの再塗装修理が必要になったお車の再施工に関してご紹介いたします。

車両保険を適用する場合、或いは、お相手がいる事故等の場合、保険会社を通して対応させて頂くケースは多々御座いますが、鈑金塗装修理自体の依頼先は、ディーラーや一般の修理工場で行い、その後コーティング施工のみ当店に持ち込まれる、という流れが一般的です。

こちらのお客様の車両は、リアバンパー塗装修理後に当店にご入庫頂きました。

再施工を行うリアバンパーを念入りに脱脂・洗浄を行った後、LED照明を照射して、確認していきます。

屋外では一見すると綺麗に仕上がって見えましたが、仕上げの磨きの際についたと思われる、磨き傷・オーロラマークが観受けられます。
実はこのような状態で、お客様へ納車されているケースも珍しくはありません。
再施工02
再施工03
再施工04

一言で「鈑金塗装修理」と言っても、仕上がりのクオリティは千差万別なのです。

以上の様な点を充分に踏まえた上で、当店では、コーティング再施工をお受けした場合であっても、すぐに施工したりはしません。必ず下地処理を実施致します。

下地処理は、当グループの技術情報を集約した独自技術である「Revolt ajust system(リボルト アジャスト システム」によって、現車の塗装面に最も適した処理を行っていきます。
この下地処理の作業に関しては、通常「リボルト・プロ」や「リボルト」で行っている方法と変わらないクオリティにて行いますので、例え、再施工(部分施工)の作業であっても、一切の妥協は御座いません。
再施工05
再施工06
再施工07

また、当店では、当ホームページの施工サービス欄にも御座います様に、「鈑金塗装修理」も自信を持ってお受けしております。

コーティング作業と同様、ハイクオリティな仕上がりに拘り、最新鋭の設備を備えた塗装ブース・清潔で密閉環境を実現した作業空間・熟練の技術を持った鈑金塗装業者と提携しておりますので、コーティング施工後に、「車を擦ってしまった」「ぶつけられてしまった」という場合は、「鈑金塗装修理」から「コーティングの再施工」まで、一括した全ての作業を是非、リボルト新潟にご用命下さい!

再施工08

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

ハイエース 下回り防錆加工【リボルト新潟】

2015.12.19.Sat.07:10
ハイエース防錆01
「トヨタ・ハイエース ワイドボディ」のお客様より「下回り防錆加工」のご用命を頂きました。

こちらのハイエースは、新規登録から約5年程が経過しておりましたが、下回りの状態検査の結果、現状の下回り箇所に酷い錆もなかった為、作業受注をさせて頂きました。

当店で行っております「防錆加工」の主目的は、「車体の下回りシャーシ部分における錆の発生・侵食を限りなく遅らせる事」であります。

塩害に対し、強い耐性を持つ、油性の防錆剤を膜厚塗装していきますので、乾燥定着後は、長期間の防錆効果が期待できます。

新車の場合、錆の発生自体を未然に防ぎ、下回りシャーシ部分を長期間、錆の侵食から守る効果を与える事ができます。

また、中古車(経年車)の場合であれば、現状の車両に発生している錆に対し、それ以上の侵食を抑制する効果を付与する事ができます。

ハイエース防錆02
ハイエース防錆03
油性タイプの防錆剤の為、ブレーキ等の機能部品やボディ・窓ガラスに付着させてはいけませんので、養生作業はしっかりと行います。

当店の「下回り防錆加工」では、数種類ある専用スプレーガンを用いて、防錆剤を鋼板の隅々まで吹き付けていきます。

ハイエース防錆04
特に、鋼板と鋼板の溶接の継ぎ目から錆が侵攻していくケースが多い事から、この箇所には、特に念入りに吹き付け致します。

ハイエース防錆05
また、ホイールハウス内側にも防錆剤を浸透させることができますので、走行時の石はねによる車両の素材劣化防止にも優れた性能を発揮します。

ハイエース防錆06
この度は、「下回り防錆加工」のご用命を賜りまして、誠にありがとうございました。

【下回り防錆加工をご検討中のお客様へ】 

中古車(経年車)でも防錆加工は可能ですが、錆が酷く侵食し、著しく痛んでいる箇所が多々見られるような場合は、充分な防錆効果が発揮できない場合も御座います。

車両状態によって、防錆加工が可能かどうか、短時間の状態検査により判断させて頂きますので、ご検討されている方は、是非一度、ご連絡をお願い致します。

ハイエース防錆07

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

ミニ クロスオーバー【リボルト新潟】

2015.12.14.Mon.12:47
ミニブログ
ミニ クロスオーバー(アブソリュートブラック・メタリック)のご入庫、コーティング作業が完了致しました。

コンパクトSUVというカテゴリーに属するこちらの「ミニ クロスオーバー」は、5ドアHBモデルという事もあり、荷室の積載スペースも広く、実用性の高い人気のモデルとなっております。
そして、なにより、一目で「ミニ」だと分かる愛嬌のあるお洒落なデザインがとても印象的ですよね!

今回、オーナー様からは、「リボルトライト」コースの施工をご用命頂きました。

「リボルトライト」は上位コースと比べて、下地処理工程を簡略化したコースではありますが、徹底した洗浄にて汚れを除去した上で、コーティング定着に適切なライトポリッシュ作業を行っております。
ライトポリッシュとはいえ、当グループ独自の技術情報を基に、その車種・塗装に合わせた最適な処理を行いますので、ただやみくもに磨く訳では御座いません。

下地処理前の塗装状態をよく見てみると、所々に目立つ傷が観受けられました。
ミニB1.jpg
ミニB2.jpg
ミニB3.jpg

傷の状態により、別途追加料金を頂く場合も御座いますが、今回は規定内で仕上げさせて頂きました。
ミニA1.jpg
ミニA2.jpg
ミニA3.jpg

そして、完全無機質な被膜特性を持つガラス繊維素被膜による1層コーティング「トップコート」を施していきます。
このトップコートは、一般的な石油系溶剤を含まないコーティング被膜で、酸化劣化することなく、高い被膜性能を維持することが可能です。
更に、紫外線(UVA・UVB)軽減成分を含有しておりますので、紫外線からの色褪せや劣化を軽減する効果も御座います。

こちらの「リボルトライト」は価格・性能・所要時間等の観点からも人気が高く、コーティングの効果を気軽に試してみたいという方には、お薦めのコーティングコースとなっております。

お客様のご要望やご予算等を充分考慮した上で、現車の塗装状態に最も適したコーティングコースをご提案させて頂きますので、是非、お気軽にお問い合わせ下さい!

また、今回は「カーフィルム」施工も同時にご用命頂きました。
誠にありがとうございます。

当店で施工する「カーフィルム」は、エアコン効率向上・断熱効果アップは勿論、人体に有害な紫外線(UVB)を99%以上カットすると共に、近赤外線も90%以上カット致致しますので、夏は太陽光の熱を遮断し、冬は窓ガラスから車内の熱が逃げるのを防ぎます。
フィルムブログ1
フィルムブログ2
特に、輸入車ではリアガラスにプライバシーガラスが採用されていない車種も多い事から、車内のプライバシー保護に加え、断熱効果も得られるフィルム施工はお薦めのメニューとなっております。

車内側からの視認性も問題ないレベルです。
ミニフィルム03.jpg

この度は、数あるコーティングショップより、当店にご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

ミニ01
ミニ02
ミニ03
ミニ04
ミニ05
ミニ07
ミニ08
ミニ09
ミニ10

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

LEXUS NX200t Fスポーツ【リボルト新潟】

2015.12.04.Fri.09:48
NX黒ブログ
レクサス・NX(グラファイトブラックガラスフレーク)のご入庫、コーティング作業が完了致しました。

レクサスの車名であるアルファベットの組み合わせは、しっかりとしたコンセプトの基、命名されているようです。
こちらのNX(ニンブル・クロスオーバー)の、ニンブルとは、「敏捷(びんしょう)な~」という意味を持っており、ボディラインの随所に見られる美しく鋭いプレスラインからも、その名称通り、敏捷で力強い走りのイメージが、しっかりと再現されたボディデザインとなっております。

今回オーナー様からは、コーティングの最上級コース「リボルト・プロ」及び「下回り防錆加工」のご依頼を頂きました。

誠にありがとうございます。

当店の「下回り防錆加工」は、雪国・新潟ならではの、海岸からの潮風や雪道に撒かれる融雪剤(塩カル)による「塩害」に強いアンダーコート剤を施工致しますので、これからの冬季シーズンには、高い防錆性を発揮することと思います。
NX黒防錆ブログ
下回り防錆加工の詳細はコチラをご覧下さい!

レクサスの塗装の圧倒的な膜厚とクオリティは他社を圧倒する程の高水準ではありますが、更なるハイレベルな仕上がりを追求するべく、独自の高度下地処理技術【Revolt Adjust System】にてコーティングに最も適した下地(塗装面)創りを時間をかけて、じっくりと行っていきます。

塗装の表面を整えた後は低分子・完全硬化型【リボルト・プロ】をたっぷりと隅々まで施工し、ボディをしっかり保護します。
当店で使用するコーティング剤【リボルト・プロ】はレクサス車の「セルフリストアリングコート」にも対応しておりますので、ご安心ください。

そして、仕上げに塗装面に悪影響を及ぼす紫外線(UVA・UVB)の軽減効果を有する【トップコート】でボディ全体を包み込み、二層式デュアルコーティングの完成です。

今後はセオリー通りの洗車をして頂くことで、この艶と輝きを長期間に渡り維持することができます。

そして、今回の施工にあたり、ご多忙の中、車両搬送等のお手配を頂いた、ディーラーのご担当者様にも、深く感謝を申しあげたいと思います。

この度は、数あるコーティングショップより、当店にご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

NX黒01
NX黒02
NX黒03
NX黒04
NX黒05
NX黒06
NX黒07
NX黒08
NX黒09
NX黒10
NX黒11
NX黒12

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。