スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下回り防錆加工【リボルト新潟】

2015.10.21.Wed.15:42
防錆作業ブログ
今回は、お問い合わせ頂く事の多い「下回り防錆加工」の作業内容に関してご紹介させて頂きます。

まず最初に、現存するどのような手段を講じたとしても「完全・完璧な防錆」は出来ません。

しかしながら、適切な防錆処理を施す事で、愛車の下回りを、錆の侵攻から長期間守ってくれる防錆手段が存在するのも事実です。

当店の地元、新潟県を含む「雪国」では、冬場に多量に撒かれる塩カル(融雪剤)や凍結防止剤が錆の発生の原因になってしまうのは、周知の事実であります。また、日本海に隣接した当県では、海岸からの潮風による「塩害」が、更なる錆の発生を引き起こす原因と言われております。

そこで、当店では、この「塩害」に着目し、特に「塩害」に強い防錆効果を発揮する溶剤(アンダーコート剤)を使用して「下回り防錆加工」を行っております。この溶剤は、完全乾燥させると約0.3~0.5mmもの弾性を有する状態で膜厚形成が為されますので、スプレータイプの防錆剤を吹き付けただけの簡易的な防錆処理と違い、格段に高い防錆効果を発揮します。

「下回り防錆加工」は、一目で分かるボディのコーティングと違い、リフトアップしない限り、施工した箇所(下回り)を、お客様が直接確認するという事が難しいという観点もありますので、どのような手順で作業を進めていくのかを画像を含めてご紹介したいと思います。

最初に下回りの泥や油分等を高圧洗浄機により綺麗に洗浄します。洗浄後は、脱脂し、水分をしっかりと乾燥させます。

次に、下回りに施工する溶剤(アンダーコート剤)は、専用のスプレーガンを使用して、施工致しますので、溶剤が掛かってはいけない箇所はしっかりとガードしなければいけません。
防錆作業01
ボディは勿論、ブレーキ関係やショック等の機能部品もマスキング致します。

防錆作業02
アンダーカバーも全て外して作業致します。

防錆作業03
また、下回り部分においてもブレーキラインやマフラー等もしっかりとマスキング致します。

防錆作業04
マスキングが完了したら専用のスプレーガンを使用して、鋼板の合せ目等の細かな箇所にも浸透するように、丁寧に吹き付け処理を行っていきます。この吹き付け処理は、施工箇所に応じ、複数種ある専用ガンの使い分けやムラにならない様な処理方法に熟練の技術を要する作業となります。

防錆作業05
こちらは防錆処理前の状態です。

防錆作業06
黒色の溶剤(アンダーコート剤)を、隅々まで丁寧に吹き付け処理していきます。
防錆作業07
溶剤の定着後は、黒色の溶剤(アンダーコート剤)が、膜厚形成されますので、長期間がっちりと下回りを錆からガード致します。
※水性タイプのシャシブラックではありません。

ボディコーティングと同様、当店一押しのお薦めメニューとなっておりますので、是非、ご検討下さい。

改めまして、当店の「下回り防錆加工」の特徴は下記の通りです。

① 厳しい塩水噴霧試験(800時間)をクリアしたアンダーコート剤を使用しております。
  これにより、特に塩害に対して高い防錆性を発揮することができます。


② アンダーコート剤を専用のスプレーガンを用いて、細部まで吹き付けコーティング致しますので、定着後は約0.3~0.5mmもの弾性を有する防錆の膜厚が形成されます。
 
③ アンダーコート剤が弾性材料であるので、シャーシ部鋼板の合せ目に対し、高い密着性があります。その為、耐チッピング性・防音性も向上させることができます。

④ 膜厚塗装性に優れているので、走行時の石はね等による素材劣化防止にも優れた性能を発揮します。

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
スポンサーサイト

ハーレーダビッドソン FXSBブレイクアウト【リボルト新潟】

2015.10.18.Sun.10:15
ブレイクアウトブログ
ハーレーダビッドソン・FXSBブレイクアウト(ビビッドブラック)のご入庫、コーティング作業が完了致しました。

ロングホイールベースに240サイズの極太タイヤの組み合わせが、ハーレーならではの迫力と美しいシルエットを生み出している珠玉の一台です。
やはりハーレーは、他のメーカーには無い、唯一無二の存在感が漂ってますね。

さて、作業の方は、入念な洗浄作業によって泥や汚れ、シミ等を丁寧に除去した後、塗装面の下地処理を時間を掛けて行っていきます。

下地処理によって、本来の輝きを取り戻したボディには、濃度100%・低分子・完全硬化型ガラス被膜である【リボルト・プロ】を細部までしっかりとコーティングしていきます。
【リボルト・プロ】は、低分子のガラス分子が塗装の隅々まで入り込み、強力なアンカーの役割を果たし、現在、市場で主流となっている高分子タイプのガラスコーティングよりも圧倒的な耐久性を保ち、艶と輝きを増し加えています。

そして、仕上げに塗装面に悪影響を及ぼす紫外線(UVA・UVB)に有効な成分を含有した【トップコート】で包み込み、二層式デュアルコーティングの完成です。

コーティング施工後は、塗装面やメッキパーツ等に更なる艶と輝きを与えることができました。

今後はメンテナンスの基本をしっかりと抑えていただければ、いつまでもこの艶、輝きを堪能していただけると思います。

この度は、当店にご用命いただきまして誠にありがとうございました。

ブレイクアウト01
ブレイクアウト02
ブレイクアウト03
ブレイクアウト04
ブレイクアウト05
ブレイクアウト06
ブレイクアウト07
ブレイクアウト08
ブレイクアウト09
ブレイクアウト10
ブレイクアウト11
ブレイクアウト12

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

AUDI A7 Sportback【リボルト新潟】

2015.10.11.Sun.17:46
A7ブログ
アウディ・A7(グレイシアホワイトメタリック)のご入庫、コーティング作業が完了致しました。

こちらの「A7」は、ファストバックスタイルで優雅なロングボディが特徴的なハイエンドモデルです。
外観の美しさは勿論の事、スーパーチャージャーを搭載した2994ccV型6気筒エンジンは、なんと最大トルク440Nm・最高出力333psを誇る高出力な動力性能も兼備しておりますので、ドライバーズカーとしても存分に楽しめるお車ですね!

さて今回、オーナー様からは、リボルトライトのコーティングコースをご指定頂きました。

「リボルトライト・コース」の下地処理工程は、洗車では落ちきらない水垢や水シミ、更に軽度の線傷等を除去し、コーティング剤の定着に必要な最低限の塗装コンディションに仕上げる、中レベルの「ライトポリッシュ処理」を行うコースとなっております。
尚、車両の塗装状態によっては、上位コースをお薦めする場合も御座いますので、「リボルト・ライト」コースをお考えの方は、是非一度ご相談下さい。

また、施工するコーティング剤(トップコート)の性能は、完全無機質なガラス系溶剤特有の被膜特性を有しており、一般的な石油系溶剤のコーティング剤と比較しても、格段に高い被膜特性を誇っております。
更に、トップコートには、塗装面に悪影響を及ぼす、紫外線(UVA・UVB)を軽減する成分も含有しておりますので、紫外線による劣化予防の効果も有しております。

今後はセオリー通りの洗車をして頂くことで、この艶と輝きを長期間に渡り維持することができます。

この度は、数あるコーティングショップより、当店にご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

A7-01.jpg
A7-02.jpg
A7-03.jpg
A7-04.jpg
A7-05.jpg
A7-06.jpg
A7-07.jpg
A7-08.jpg
A7-09.jpg
A7-10.jpg

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

ホンダ シャトル【リボルト新潟】

2015.10.05.Mon.18:59
シャトルブログ
ホンダ・シャトル(ミッドナイトビーム・メタリック)のご入庫、コーティング作業が完了致しました。

5ナンバーサイズのステーションワゴンとして、2015年から発売されたこちらのシャトルは、ゆとりのある室内空間と後部の荷室スペースが魅力ですね。
そして、外観を見てみますと、ホンダ車特有の精悍なフロントマスクと綺麗な流線形のボディラインがとてもクールな一台です。

さて、こちらのお車は新車ご納車から程なくしてご入庫いただきましたので、塗装状態は比較的良好でした。

しかし、更なる輝きを引き出すため、まずは、塗装面全体の膜厚を計測し、高輝度LED照明をフル稼働させて、細かな部分も徹底的にチェックしていきます。
その結果、ボディ各所に細かな線傷やシミを発見しました。これらの箇所は、独自の高度下地処理技術「Revolt Adjust System」にてしっかりと除去して最適な塗装面へと創り上げていきます。
長年蓄積されたグループ情報を基に、繊細な濃紺車特有の塗装に最も適した下地処理を施します。
塗装の膜厚は有限ですから、いたずらに磨きまくることは致しません。
「最低限の研磨」で「最大限の輝き」を引き出すのが、当グループ独自の高度下地処理技術であります。

時間を掛けて丁寧に仕上げた塗装面・各パーツ類に、濃度100%・完全硬化型コーティング剤の【リボルト・プロ】をたっぷりと施工していきます。
低分子ゆえに、塗装の隅々までしっかりと入り込み、その低分子がアンカーの役割を果たし、耐久性・艶・輝きをアップさせます。
そして、仕上げに塗装面に悪影響を及ぼす紫外線(UVA・UVB)に有効な成分を含有した【トップコート】で包み込み、二層式デュアルコーティングの完成です。

今後はセオリー通りの洗車をして頂くことで、この艶と輝きを長期間に渡り維持することができます。

この度は、数あるコーティングショップより、当店にご用命いただきまして、誠にありがとうございました。

シャトル01
シャトル02
シャトル03
シャトル04
シャトル05
シャトル06
シャトル07
シャトル08
シャトル09
シャトル10
シャトル11

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。