スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマート・BRABUS【リボルト新潟】

2015.02.26.Thu.09:19
スマートBブログ
スマート フォーツークーペのご入庫です。

こちらの車両、ベースは2代目フォーツークーペですが、ドイツの有名なチューニングメーカー「ブラバス」の息がかかった限定車となります。
ターボを搭載したハイスペックエンジンと、ブラバス専用チューニングの足回り、そして、専用デザインをあしらった内外装を装備した特別な雰囲気が漂うスペシャルモデルです。

さて、初度登録から今年で4年目を迎えるこちらのお車の状態を見てみますと、ルーフ全体の雨ジミやボディ下部の鉄粉・融雪剤等の付着、また、全体に無数の線傷が観受けられる状態でした。

こちらのスマートのボディ構成ですが、一部のスチール素材を除いて、軽量な硬質プラスチックによる「ポリカーボネート」を使用しておりますので、通常の下地処理と違い、塗膜が計測できない為、
塗装面を充分に配慮しながら下地処理を行う必要があります。
しかし、グループメリットを活かした種々の技術情報を基に行う、当グループ独自の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」を用いることで、最適な下地処理が可能です。
上記下地処理による最小限の磨きによって、ボディの美観を最大限まで引き出していきます。

時間をかけて下地を整えた後は、低分子完全硬化型のコーティング剤【リボルト・プロ】をたっぷりと塗布して、ボディ全体をしっかり保護します。
更に、塗装面に悪影響を及ぼす紫外線(UVA・UVB)に有効な新トップコートによって強固な二層式コーティング被膜の完成です。

今後はセオリー通りの洗車をしていただくことで、長期間にわたり、この艶と輝きを維持しやすくなります。

この度は数あるコーティングショップより、当店にご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

スマートB-01
スマートB-02
スマートB-03
スマートB-04
スマートB-05
スマートB-06
スマートB-07
スマートB-08
スマートB-09
スマートB-10
スマートB-11

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
スポンサーサイト

ヘルメットコーティング【リボルト新潟】

2015.02.16.Mon.11:15
ヘルメットブログトップ
ヘルメットのガラスコーティング施工が完了致しましたので、ご紹介いたします。

ヘルメットメーカーの老舗、「アライ」のフラッグシップモデルと言えば、こちらの「RX-7・RR5」です。
ヘルメットに求める機能と言えば、安全性能は勿論のこと、「軽量」且つ、外気を効率よく帽体内部へ導入する「ベンチレーション性能」が挙げられると思います。
こちらのモデルは上記の点を高いレベルでライダーに提供してくれる、メーカー一押しのハイエンドモデルとなっております。

さて、こちらのカラーリングは、冷静沈着なライディングから、「クールデビル」というニックネームがついた、元GPライダーの「原田哲也」選手のレプリカモデルです。派手すぎないシックなグラデーションが渋く、カッコいいですね!

本題に入りますが、ヘルメットにコーティング?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、ヘルメットの帽体(シェル)に施される塗装面は、自動車の塗装と同様に、雨ジミや紫外線の影響を受けやすく、長期間綺麗な艶を維持したい方には、当店の【リボルト・プロ】は非常に有効です。特に、こちらのヘルメットの様に、特殊なグラフィックモデルであれば、尚の事、劣化を防ぎ、いつまでも綺麗な状態を維持したいものです。

当店で行うヘルメットコーティングは、完全硬化型・濃度100%の【リボルト・プロ】をベースコートとして、そのベースコート被膜を保護し、更に紫外線からのダメージ軽減効果を有する新トップコートとの「二層式デュアルプロテクションコーティング」です。

間もなく、長い冬シーズンが開けて、待ち遠しかった春が訪れようとしております。
バイク乗りのお客様、車体のコーティングと同時に、ご愛用のヘルメットへのコーティングも、お薦めのメニューとなっております。
ピカピカなヘルメットを被って、気分よくツーリングへお出掛け下さい!!

皆様からのお見積り・ご依頼の方、心よりお待ち申し上げます。

ヘルメット01
ヘルメット03
ヘルメット04
ヘルメット06
ヘルメット07
ヘルメット02

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

トヨタ マークX【リボルト新潟】

2015.02.10.Tue.17:07
マークXブログ
トヨタ・マークXへの【リボルト・プロ】施工が完了致しました。

2009年のフルモデルチェンジ以来、熟成を重ねた第二世代のこちらのマークXは、シャープなフロントマスクと、均整の取れたスポーティなデザインが特徴的な1台となっております。

こちらのオーナー様のマークXは、初年度登録後、約1年を経過した状態で、気になる箇所がいくつかあるとのご指摘を頂き、それらを解消してほしいとの事で、今回ご入庫を頂きました。

ボディカラーは、トヨタ車の黒の代名詞!「202ブラック」です。開業以来、何台もの「202ブラック」を施工させて頂いておりますが、クロスでの拭き上げ一つでも神経を使う、非常に繊細な塗装だと言えます。
しかし、綺麗に仕上がった時には、この色(ソリッドブラック)でしか味わえない綺麗な鏡面状態になることから、このカラーリングに魅了される方は少なくありません。

さて、塗装状態はと言いますと、いくつか深めの傷と無数の洗車傷や滲み等がボディ全体を覆っているような状態でした。

まずは、丁寧に徹底洗浄を行い、その後、時間をかけてしっかりと下地処理を行っていきます。
繊細な「202ブラック」ですが、当グループ独自の高度下地処理技術「Revolt adjust system(リボルト アジャスト システム)」によって、処理すれば、塗装面を無駄に削ることなく、平滑で綺麗な鏡面ボディを創り出すことができます。

そして、しっかりと仕上げた下地処理後には、濃度100%低分子・完全硬化型の次世代型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」でボディ全体をコーティングしていきます。
「リボルト・プロ」施工後は、ガラス被膜特有のしっとりとした質感・光沢・艶が高まるだけでなく3μm~4μm程の厚く強固な被膜でボディを保護することが可能となります。

更に、その上から、紫外線軽減成分を含有する新トップコートを施工することで、強固な二層式コーティング被膜の完成です。

今後はご説明させて頂いた洗車方法と簡単なメンテナンスを実行して頂くことで、長期間に渡りこの艶と輝きが維持できると思います。

この度は数あるコーティングショップより、当店にご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

マークX-01
マークX-02
マークX-03
マークX-04
マークX-05
マークX-06
マークX-07
マークX-08
マークX-09

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

BMW i3【リボルト新潟】

2015.02.05.Thu.16:34
i3ブログ
BMW・i3のコーティング施工が完了致しました。

こちらの「i3」は、高性能なリチウムイオン・バッテリーを心臓部に持ち、排出ガスをゼロにする、「ゼロ・エミッション」の指標を具現化したモデルです。

ボディ各部を見てみますと、近未来的な構成で成り立っている創りながら、随所にBMWらしさが感じられる一台ですね。
また、ボディ外装が、軽量且つ高剛性を実現するカーボンファイバーボディを用いて成型されているので、通常の市販車に用いられるスチール素材と比べて、約半分もの軽量化が出来ているようです。

さて、こちらの「i3」のカラーリングは、「ソーラーオレンジ」という華やかなカラーリングで、新車ご登録後、お持込み頂きました。
状態は比較的良好でしたが、オレンジカラー全体に新車特有の色ボケが見受けられました。また、ボンネットとリアバンパーの一部は、非常にデリケートなソリッドブラック塗装の為、既に何箇所かに細かなシミや線傷が見られる状態でした。

勿論、新車ですから、むやみに磨くわけにはいきませんので、当グループ独自の高度下地処理技術「Revolt Adjust System」を用いた、最小限度の研磨作業によって、塗装の膜厚を考慮しつつ、「新車以上」の美観を作り出していきます。

そして、平滑に仕上げた綺麗なボディに、低分子型の完全硬化型ガラス被膜である【リボルト・プロ】をコーティングしていきます。低分子のガラス成分が、塗装の隅々まで入り込みアンカーの役割を果たすことで、被膜耐久性が格段にアップいたします。

更に、紫外線軽減成分を含有する新トップコートを施工することで、強固な二層式コーティング仕上げの完成です。

完全硬化のガラス被膜の上に、更に紫外線の軽減効果が加わることで、塗装面を保護しながら耐久性の更なる向上にも一役買っております。

今後は、セオリー通りのメンテナンスをして頂ければ、長期間にわたりガラス被膜の艶と輝きが維持できると思います。

この度は数あるコーティングショップより、当店にご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

i3-01.jpg
i3-02.jpg
i3-03.jpg
i3-04.jpg
i3-05.jpg
i3-06.jpg
i3-07.jpg
i3-08.jpg
i3-09.jpg
i3-10.jpg
i3-11.jpg
i3-12.jpg
i3-13.jpg

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】

ハーレーダビッドソン FXSBSE2 CVO ブレイクアウト【リボルト新潟】

2015.02.01.Sun.16:41
ハーレーブログ
ハーレーダビッドソン「FXSBSE2 CVO ブレイクアウト」への「リボルト・プロ」施工が完了致しました。

こちらの車両は、低く重厚なチョッパースタイルで人気の「ブレイクアウト」をベースとして、専用の革シートやメッキパーツを各所にセットアップさせた、極上の「メーカーカスタム車」になります。

タンクとリアフェンダーのカラーリングは、「モールテンシルバー&ブラックダイアモンドwithフォージドアイアングラフィックス」という特別仕様で、敢えてアルミニウム素地をベースとし、その上からグラフィックペイントをワンポイントで施し、それをクリア塗装で仕上げるといった手法をとっております。

リアタイヤ"240"サイズの圧巻の太さを誇るワイルドなモデルで、どの角度から見ても、その迫力に見入ってしまう高い完成度の一台です。

さて、車両状態はと言いますと、ご納車から数か月程経過しており、外装品を始め、メッキパーツやホイール各所に汚れ・シミが付着している状態でした。

二輪車の場合は、四輪車の下地処理とは違った工程にて行います。特に細かなエンジン周辺に関しては、専用の洗浄剤・研磨剤・小道具・独自の手法を用いて時間を掛けて作業致します。

丁寧に仕上げた独自の下地処理の後は、濃度100%・低分子・完全硬化型ガラス被膜である【リボルト・プロ】にてしっかりとコーティングしていきます。

コーティング箇所は、外装パーツは勿論の事、エンジン、マフラー、各メッキパーツ、ホイール等々にコーティング可能です。タイヤ、ブレーキディスク、駆動チェーン(駆動ベルト)以外はほぼ施工可能です。

コーティング後はメッキ本来の輝きが増し、ボディ全体に煌びやかな艶を与えることができました。

お引渡しの際には、オーナー様にも喜んで頂くことが出来ました。

今後は、セオリー通りのメンテナンスをして頂くことで、この艶と輝きが長期間に渡り維持することが出来ます。

この度は、当店にご用命いただきまして誠にありがとうございました。

ハーレー01
ハーレー02
ハーレー03
ハーレー04
ハーレー05
ハーレー06
ハーレー07
ハーレー08
ハーレー09
ハーレー10
ハーレー11
ハーレー12

ご来店、見学は大歓迎ですが、作業中や不在の場合もございますので、事前にお電話・メールを頂けますと助かります。ご要望やご質問などはお気軽にお申し付け下さい。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

【REVOLT NIIGATA/リボルト新潟】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。