スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズキ スイフトスポーツ【リボルト新潟】

2014.09.22.Mon.08:36
スイフトブログ

スズキ渾身のコンパクトスポーツカー、スイフトスポーツへ【リボルト・プロ】の施工が完了致しました。

バランスの取れた軽量ボディに1600ccのM16A型エンジンと、新設計の6速MTの組み合わせによって生み出す走行性能は、走る感動を更なる高みへと誘ってくれることでしょう。

また、各部を見渡すと、ストラットタワーバー、専用チューニングサスペンション、更に、テールエンドには、MSE(モンスタースポーツヨーロッパ)のフルエキゾーストマフラーが換装されており、オーナー様の愛車への情熱がヒシヒシと伝わってきた次第です。

さて、こちらのお車のカラーリングは、走りのイメージを強く強調した「チャンピオンイエロー」という鮮やかなソリッドのイエローカラーで、オーナー様は昨年新車購入後に、他店にてコーティング施工を依頼されたとの事です。

しかしその後、ドアノブ全ての嵌合部からボディに垂れたグリスの「滲み」が酷く、しかもボディのメンテナンスを依頼しても、その「滲み」が落ちるどころか、逆に小傷まで増えてしまい、非常にお困りのご様子でした。

今回はこの点を全て解消したいとのオーナー様のご要望から、再施工を弊店にご依頼頂きましたので、気合を入れて作業に取り掛かります。

まず最初に、前述したドアノブ周辺を点検します。下地処理前にきっちりとボディ洗浄を行ったのですが、汚れを含んだ油分は大変頑固で、ドアノブ下部に「滲み」となって付着しております。

スイフトしみビフォー.jpg

また、このドアノブ周辺には、多数の小傷が観受けられましたので、まずは、当グループ独自の高度下地処理技術「Revolt Adjust System」にて、滲みの除去は勿論、小傷も最小限の研磨技術によって平滑にすることで、塗装表面の艶を最大限に引き出していきます。

スイフトしみアフター.jpg

以上のように、塗装表面を平滑にすることで、【リボルト・プロ】の低分子ガラス被膜の定着を安定させることが出来ます。低分子化させることで、一般的なコーティング被膜よりも、耐久性・安定性などが増し、艶と輝きがアップいたします。

今回のようにディーラーや他店様でコーティングを施工はして貰ったが、その後お困りの方等、ご相談だけでもOKです。お問い合わせお待ちしております。

お見積り・お申込み・お問い合わせはこちらから

ご納車時には、オーナー様にも大変喜んで頂くことができました。

今後は、セオリー通りの洗車と、お渡し致しました当ブランドオリジナルの「メンテナンスキット」をお使い頂くことで、グリス等の「滲み」の問題も解消し、長期間にわたりこの艶と輝きが維持できると思います。

この度は数あるコーティングショップの中から弊店にご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

スイフト01
スイフト02
スイフト03
スイフト04
スイフト05
スイフト06
スイフト08
スイフト09
スポンサーサイト

LEXUS NX200t 【リボルト新潟】

2014.09.21.Sun.11:46
NXブログ

話題の最新モデル、LEXUS NXへ【リボルト・プロ】の施工が完了致しました。

「プレミアム・SUV」と呼ばれるカテゴリーの先駆者であるLEXUSならではの、スタイリシュでスポーティなデザインと「LEXUS品質」とも言うべき内外装各部の"クオリティ"の高さは、他のプレミアムブランドのそれを凌駕する程の完成度です。

また、こちらのお車の塗装色は、ソニッククォーツ(095)という新色のホワイトで、深みのあるパールの輝きがとても綺麗なカラーリングです。

こちらにお車は、新車ご納車から間もない時期でのご入庫となりましたので、傷やシミも殆どなく、非常に状態は良好でした。

しかし、新車特有の塗装表面の曇りや、ディーラー等で付いた洗車傷は必ずと言っていいほど、どのお車にも付いているのが現状です。また、Y様のお気にされていた箇所もLED照明に照らしながら念入りにチェックを行ったところ、微細ではありましたが、確認する事ができました。
特に白いボディカラーは屋外で見る限りは、肉眼で発見できないような傷も弊店のLED照明下であれば、はっきりと見つけることが出来ます。

新車であっても、コーティング前には必ず下地処理をしっかりと行います。
弊店では、独自の高度下地処理技術【Revolt Adjust System】によって、新車の表面を綺麗に整えることで、納車時以上の最高の塗装状態まで引き出します。

上記の下地処理によって、本来の美しさを取り戻した塗装面に、ラディアス・リボルトグループオリジナルのコーティング剤【リボルト・プロ】をしっかりと塗布して、この状態をガッチリと保護致します。
【リボルト・プロ】は低分子硬化型のガラスコーティング剤ですので、通常のガラスコーティングよりも膜厚があり、保護力のみならず艶や美しさという面においても、大きなアドバンテージを与えます。
また、高い防汚性能も兼ね備えておりますので、長きに渡り、この美しい状態を維持しやすくなります。

ご納車時には、Y様にも喜んで頂けましたので、大変光栄に思っております。

この度は数あるコーティングショップの中から弊店にご用命頂きまして、誠にありがとうございました。

NX-01.jpg
NX-02.jpg
NX-03.jpg
NX-04.jpg
NX-05.jpg
NX-06.jpg
NX-07.jpg
NX-08.jpg

KTM 200DUKE 【リボルト新潟】

2014.09.14.Sun.20:07
duke-top.jpg

ここ数年、二輪業界は不況と言われていますが、最近では小型二輪のラインナップが非常に盛況です。
国産車ではカワサキ「ninja250」やホンダ「CBR250R」等が売り上げ好調のようです。セカンドバイクで選ばれる方もいれば、バイク乗りの若い方の入門バイクとしても人気のようです。

さて今回は、「Ready to race」のコンセプトの基、走る楽しさを追求するバイクメーカーKTMの「200デューク」のご入庫です。こちらの車両も大きさ的にもジャストサイズで街乗りやちょっとした遠出にも気軽に乗れそうな一台ですね。

KTMからラインナップされる「デューク」シリーズは、下は125ccから上は1290ccのスーパーデュークまで、実に5種類もの排気量のキャラクターを擁しております。
その中でも、車検が無く経済的、しかし、いざとなれば高速道路も走行可能な「200デューク」は、この日本市場でも多くのライダーから人気を博したバイクであります。

お預かりして驚いたのが、その軽さです。僅か130kg程の重量ですので、取り回しが非常に軽いバイクです。同排気量のライバル車と比べれば抜群の軽さです。
また、このクラスでABSが標準装備されている事や、KTM傘下企業のWP(ホワイトパワー)の前後サスペンションが標準でしっかりと設えてあるのは、バイク乗りであればとっても羨ましいアイテムです。

さて、こちらの車両は新車登録からまだ2ヶ月程しか経過しておらず、全体的には綺麗な状態ではありましたが、フロントフェンダー部分の線傷、燃料タンク周辺の洗車キズ、シミ等が多く観受けられる状態でした。

二輪車の場合、四輪車と違い各部の塗装が非常にデリケートです。また、デカール(ステッカー)部分は研磨等の作業が出来ない為、多くの場合、専用の小道具等のケミカル品を用いる細かな手作業を中心とした高度下地処理技術「Revolt Adjust System」によって、時間を掛けて仕上げていきます。

下地処理後は、低分子・完全硬化型ガラスコーティング剤「リボルト・プロ」をたっぷりと塗布していきます。これにより、塗装のある光沢面は、メリハリのある輝きを増し、黒い未塗装の樹脂部分は、よりクッキリとした黒色を引き出すことが出来ます。「リボルト・プロ」は低分子化させることで、一般的なコーティング被膜よりも、耐久性・安定性などが増し、圧倒的な艶と輝きを塗装面に付与致します。

二輪車におきましても、セオリー通りの洗車及びメンテナンスをして頂ければ、長期間にわたりガラス被膜の艶と輝きが維持できると思います。

この度は数あるコーティングショップより弊店にご用命頂きまして、誠にありがとうございました。
200DUKE-01.jpg
200DUKE-02.jpg
200DUKE-03.jpg
200DUKE-04.jpg
200DUKE-06.jpg
200DUKE-07.jpg
200DUKE-08.jpg
200DUKE-09.jpg
200DUKE-10.jpg
200DUKE-11.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。